« ロシア科学アカデミー中東紛争分析センター長のアレキサンダー・シュミリン氏の講演内容。 | トップページ | 「中國」は「禮」を全く忘却し喪失した國となり日本國に「禮」は生きてゐる »

2014年10月28日 (火)

千駄木庵日乗十月二十七日

午前は、諸雑務。『伝統と革新』編集の仕事など。

昼、知人と懇談。内外の諸情勢について意見交換。母のことを心配してく下さる。有り難し。

この後、施設に赴き、母と共に過ごす。

帰宅後も、『伝統と革新』編集の仕事(インタビューの準備)。

|

« ロシア科学アカデミー中東紛争分析センター長のアレキサンダー・シュミリン氏の講演内容。 | トップページ | 「中國」は「禮」を全く忘却し喪失した國となり日本國に「禮」は生きてゐる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60555155

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十七日:

« ロシア科学アカデミー中東紛争分析センター長のアレキサンダー・シュミリン氏の講演内容。 | トップページ | 「中國」は「禮」を全く忘却し喪失した國となり日本國に「禮」は生きてゐる »