« 千駄木庵日乗九月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月五日 »

2014年9月 5日 (金)

冷戦時代より危険性はずっと増している

共産支那は、「抗日戦争“勝利式典”」とやらを国家行事で開催した。しかし、共産支那即ち「中国共産党」は日本との戦争に勝ったことはない。勝ったのはアメリカだ。日本は米英支ソの「ポツダム宣言」を受諾したが、その時の支那政権は、戦後、共産党が大陸から追い出した国民党だ。中共は関係ない。

 

以前、酒場で共産支那から日本に来ている人と同席したことがある。その人曰く「我々は先の戦争で日本に勝ったとは思っていない。アメリカが勝ったと思っている。わが国が本当に力をつけて、今度は本当に日本に勝ちたいと思っている人が多い」と言っていた。

 

こういう考えの支那人は多いのだろう。そういう国が近隣国家なのだ。そして力をつけて「中華帝国主義」によるアジアでの軍事的・政治的・経済的覇権確立に狂奔しているのだ。そしてロシアとも手を組もうとしている。北朝鮮を手先に使っている。

 

冷戦時代と何ら変わりはないどころか、危険性はずっと増している。あの頃より、支那の軍事力は格段に増強されているのだ。わが国は、軍事力を一層増強しなればならない。東南アジア諸国と連携しなければならない。日米軍事同盟を強化しなければならない。

 

|

« 千駄木庵日乗九月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60261673

この記事へのトラックバック一覧です: 冷戦時代より危険性はずっと増している:

« 千駄木庵日乗九月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月五日 »