« 千駄木庵日乗八月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十五日 »

2014年8月25日 (月)

安倍晋三氏と石破茂氏の対立について

安倍晋三氏と石破茂氏は、その基本的国家観・歴史観が異なる。石破氏は、靖國神社に昭和殉難者が祀られていることに反対であるし、基本的に大東亜戦争は日本の侵略だったと考えている。

 

また、安倍氏と石破氏とは基本的な仲があまり良くないのではないか。第一次安倍政権で安倍氏が退陣に追い込まれた時、議員総会で石破氏が安倍氏を厳しく糾弾したというか、激しく罵った。私はその場面をテレビで見た。病身の人、同じ政党の人・自分が属する政党の総裁に対して、これはひどいと思った。安倍氏もこの事は忘れていないと思う。

 

今は国難の時期である。安保国防問題で、政権政党のトップとナンバーツーの意見が合わないというのはまことに困ったことである。また、今後醜い権力闘争に発展する危険がある。

 

安倍氏の次が石破氏であると言われている。石破氏は焦る必要はない。安倍氏も、特に瑕疵はなかったのだから石破幹事長を無理に更迭する必要はない。安倍・石破両氏は自重してもらいたい。民主党・社民党・結いの党などの野党に政権が渡ることは絶対に避けなければならない。

|

« 千駄木庵日乗八月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60204742

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三氏と石破茂氏の対立について:

« 千駄木庵日乗八月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十五日 »