« わが國においては易姓革命思想は、絶対的に排除されていた。 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十一日 »

2014年8月20日 (水)

高岡市の『萬葉集』にかかわる旧蹟を探訪

八月十九日午後、富山県高岡市に到着。高岡法科大学准教授・高乗智之氏ご夫妻のご案内で、高岡市の『萬葉集』にかかわる旧蹟を探訪。詳しくは後日『政治文化情報』誌で報告する予定です。

140819_141601

大伴家持が詠んだ奈呉ノ浦近くに鎮座する放生津八幡宮

140819_142502

放生津八幡宮にある家持の歌碑

140819_1500010001

大伴家持が国守をつとめた越中国国庁があった勝興寺というお寺。

140819_154401

気多神社にある大伴家持顕彰碑

140819_1554020001_2

大伴家持を祀った大伴神社

140819_161601

高岡市の二上山中腹にある大伴家持像

140819_1645010001

景勝地・雨晴海岸

|

« わが國においては易姓革命思想は、絶対的に排除されていた。 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60183000

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡市の『萬葉集』にかかわる旧蹟を探訪:

« わが國においては易姓革命思想は、絶対的に排除されていた。 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十一日 »