« 日本人にとっての「他界」とは、海の彼方であり、天上である | トップページ | 天皇の「國見」の意義 »

2014年8月13日 (水)

千駄木庵日乗八月十二日

午前は、諸雑務。

午後からは、在宅して、『政治文化情報』の原稿執筆など。

|

« 日本人にとっての「他界」とは、海の彼方であり、天上である | トップページ | 天皇の「國見」の意義 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月十二日:

« 日本人にとっての「他界」とは、海の彼方であり、天上である | トップページ | 天皇の「國見」の意義 »