« 祖靈・死者の魂を尊びこれをお祭りすることは日本民族の傳統信仰の基本 | トップページ | 「元初の清浄なる日本」に帰ることが維新である »

2014年7月21日 (月)

千駄木庵日乗七月二十日

午前は、諸雑務。

午後三時より、日本橋蠣殻町の日本橋区民センターにて、『ジャパンライジング プレゼンツ 第四回大日本帝国憲法勉強会』にて講演。質疑応答。「立憲主義」「集団的自衛権」「日本國體と成文憲法」などについて語らせていただいた。

午後六時より、春日の文京区民センターにて、『第四十二回 日本の心を学ぶ会』開催。渡邊昇氏が挨拶。瀬戸弘幸氏が「カジノ法案」と題して講演。小生が「靖国神社と戦没者追悼を考える」と題して講演。質疑応答。

写真: 大日本帝国憲法勉強会
四宮先生登壇です。

『大日本帝国憲法』勉強会

写真

日本の心を学ぶ会

天候が良くなかったにもかかわらず、二つの会合とも、多くの方々が参加され、有り難かった。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 祖靈・死者の魂を尊びこれをお祭りすることは日本民族の傳統信仰の基本 | トップページ | 「元初の清浄なる日本」に帰ることが維新である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60016891

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二十日:

« 祖靈・死者の魂を尊びこれをお祭りすることは日本民族の傳統信仰の基本 | トップページ | 「元初の清浄なる日本」に帰ることが維新である »