« 『楠公祭』における西村眞悟衆議院議員の講演 | トップページ | この頃詠みし歌 »

2014年7月31日 (木)

千駄木庵日乗七月三十日

午前は、諸雑務。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

この後、施設に赴き、母に付き添う。食欲があり、元気である。有り難い。

帰途、動坂下にて、知人と懇談。

帰宅後は、書棚の整理・原稿執筆。

 

                   ○

 

昨日書き忘れましたが、二十九日の第96回全国高校野球手権大会東東京大会の決勝戦で、二松学舎大学付属高校が帝京を延長戦の末に破り、夏の甲子園初出場となった。二松学舎大学は私の母校なので大変うれしい。二松学舎大学付属図書館で司書をしていた頃も、東京大会にいいところまで行き、神宮球場に応援に行ったことがある。規模の小さい学校ながら、その頃から野球は強かった。今度は是非、全国優勝してもらいたい。

 

|

« 『楠公祭』における西村眞悟衆議院議員の講演 | トップページ | この頃詠みし歌 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60070411

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月三十日:

« 『楠公祭』における西村眞悟衆議院議員の講演 | トップページ | この頃詠みし歌 »