« 天照大御神について | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »

2014年7月 8日 (火)

第四回 大日本帝国憲法勉強会

勉強会のお知らせ

ジャパンライジング プレゼンツ

第四回 大日本帝国憲法勉強会

日時   7月20日() 13時30分~16時45分
場所   中央区立日本橋公会堂 〒103-8360 中央区日本橋蛎殻町一丁目311号 日本橋区民センター内
定員   20名

講師    四宮正貴(四宮政治文化研究所代表)
       三島大 河野宰

資料代    1000円

お申し込みはmail@japanrising.com

http://www.japanrising.com/image87.gif

まもなく暑い夏の到来です。
異常気象なのか季節の変わり目を感じることの少なくなった今日この頃です。
これもGHQに押し付けれれた日本国憲法(占領憲法)のせいでしょうか()

冗談です。
真面目にやります!

その占領憲法と戦後に作られたニセ皇室典範が日本の伝統や家族・社会のあり方、男女の役割、そして皇室もまで破壊し続けています。
憲法問題は9条だけではないのですよ。
国防をしっかりとしても、我々の中身が日本人ではなくなったら、そこで日本は終いです。
日本は恐ろしい革命や宗教で歴史の分断された諸外国とはまったく違います。
日本は共和国でもなければ共産国でもありません。
神話と現在が連綿と続く神の国、皇室を中心とした祭祀国家なのです。

世界が賞賛する日本人の気質。
優しさや勤勉性、正直で真面目、普段はおとなしいが勇敢。
これも神代からご先祖様が守ってきた國體(国柄・慣習)の一部なのです。
しかし占領憲法の猛毒、左翼思想(人権・平等・平和主義)によって日本人らしさはどんどん破壊されています。

新しい憲法を作ればいいじゃないかと言う人もいますが、明治の賢者が総力を上げて作った憲法よりも、
良い憲法を作れると思いますか?
大日本帝国憲法は歴史の無い他国のような、ただの法律ではありません。
國體を成文化したものなのです。
各政党や新聞社の憲法草案を読んだことがありますか?
はっきり言ってまとものものは一つもありません。

大日本帝国憲法の復元よりもやらなければならない事があると思われる方もいるでしょう。
確かに目の前の敵を殲滅することは必要ですが、最終的には我々の憲法を取り戻して日本が復活するのだと皆さんに認識してほしいのです。
領土や財産は奪われても取り戻せますが、國體を失えば日本は消滅します。
國體とは日本を日本たらしめているものなのです。

保守って何だ?
その答えがここにある。
皆に会えるのを楽しみにしているぜ!

We Rock

メタル兄弟

 

|

« 天照大御神について | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »