« 日本國體精神への回帰と危機的状況の打開 | トップページ | 日本傳統信仰は自然の中に神の命を拝む心・祖靈を尊ぶ心 »

2014年7月29日 (火)

千駄木庵日乗七月二十八日

 午前は、諸雑務。

 

午後は、原稿執筆の準備。

 

午後六時半より、東京財団フォーラム「中露接近と今後の国際情勢」開催。渡部恒雄<米国担当>(東京財団上席研究員兼政策研究ディレクター)、佐々木良昭<中東担当>(東京財団上席研究員)、畔蒜泰助<ロシア担当> (東京財団研究員)、小原凡司<中国担当>(東京財団研究員)、関山 健<東アジア担当>(東京財団研究員)、染野憲治<中国担当>(東京財団研究員)、鶴岡路人<ヨーロッパ担当>(東京財団研究員)、益田哲夫<東南アジア担当>(東京財団研究員)、宮原信孝<南西アジア担当>(東京財団研究員)の各氏が討論。質疑応答。

 

帰宅後は、原稿執筆。

 

|

« 日本國體精神への回帰と危機的状況の打開 | トップページ | 日本傳統信仰は自然の中に神の命を拝む心・祖靈を尊ぶ心 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60060298

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二十八日:

« 日本國體精神への回帰と危機的状況の打開 | トップページ | 日本傳統信仰は自然の中に神の命を拝む心・祖靈を尊ぶ心 »