« 日本の傳統精神復興の中核が和歌の復興である | トップページ | 支那を「中国」と言うべからず「論」 »

2014年7月 3日 (木)

千駄木庵日乗七月二日

午前は、諸雑務。

午後は、原稿執筆。

この後、施設に赴き、母に付き添う。元気そうであった。有り難い。

帰途、御徒町に出て知人と懇談。

帰宅後は、資料の整理、原稿執筆の準備など。

|

« 日本の傳統精神復興の中核が和歌の復興である | トップページ | 支那を「中国」と言うべからず「論」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59918761

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二日:

« 日本の傳統精神復興の中核が和歌の復興である | トップページ | 支那を「中国」と言うべからず「論」 »