« 明治維新について | トップページ | 今こそ天皇を中心とした國家の回復を目指す維新運動を繰り広げねばならない。 »

2014年7月27日 (日)

千駄木庵日乗七月二十六日

午前は、諸雑務。

午後は、原稿執筆・脱稿・送付。

午後六時より、神田学士会館にて『憲法懇話会』開催。高乗正臣平成国際大学副学長が座長。菅原由香日本文化大学講師が「憲法改正案における人身の自由条項」と題して報告。質疑応答。続いて、高乗正臣氏が「九条解釈の限界と改正の必要性」と題して報告。質疑応答。

帰宅後は、原稿執筆の準備。

|

« 明治維新について | トップページ | 今こそ天皇を中心とした國家の回復を目指す維新運動を繰り広げねばならない。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60049085

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二十六日:

« 明治維新について | トップページ | 今こそ天皇を中心とした國家の回復を目指す維新運動を繰り広げねばならない。 »