« 「似非憲法」「占領憲法」「亡国憲法」を基礎にした『立憲主義』は頭から否定しなければならない | トップページ | 『東京国際コンサート』を鑑賞して思ったこと »

2014年6月18日 (水)

千駄木庵日乗六月十八日

午前は、諸雑務。『伝統と革新』編集の仕事。

 

午後二時半より、芝の駐健保会館にて、「大行社幹部会議」開催。顧問の一人としてスピーチ。「立憲主義」及び「集団的自衛権」について話させていただいた。

 

この後、施設に赴き、母に付き添う。元気そうであったので一安心。

 

午後六時半より、初台の新国立劇場オペラハウスにて『東京国際コンサート』公演開催。半田晴久、ルネ・フレミング、コナル・コード三氏の歌唱鑑賞。演奏はロベルト・アバド氏指揮の東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団。休憩時間に西村眞悟氏などと懇談。帰途、木村三浩氏と懇談。

 

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 「似非憲法」「占領憲法」「亡国憲法」を基礎にした『立憲主義』は頭から否定しなければならない | トップページ | 『東京国際コンサート』を鑑賞して思ったこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59838721

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月十八日:

« 「似非憲法」「占領憲法」「亡国憲法」を基礎にした『立憲主義』は頭から否定しなければならない | トップページ | 『東京国際コンサート』を鑑賞して思ったこと »