« 台湾人元皇軍兵士の「ますらをぶり」 | トップページ | 日本人の天地の神への信仰 »

2014年5月12日 (月)

千駄木庵日乗五月十一日

午前は、諸雑務。

午後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

夕刻、施設に赴き、母に付き添う。食事の介助。車椅子で施設の玄関まで行ってね一時間ばかり私が来るのを待っていたという。顔色は良いのだが、元気がない。家の帰りたがる。本当に可哀想でならない。個室に一人母を残して帰宅。

帰宅後も、原稿執筆。

|

« 台湾人元皇軍兵士の「ますらをぶり」 | トップページ | 日本人の天地の神への信仰 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十一日:

« 台湾人元皇軍兵士の「ますらをぶり」 | トップページ | 日本人の天地の神への信仰 »