« 千駄木庵日乗五月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月三日 »

2014年5月 3日 (土)

憲法の「國體条項・天皇条項」について

天皇は言うまでもなく日本国の君主であらせられるのであるから、憲法の政体条項において明確に「元首」と規定されるべきである。

 

ただし、英語では「the head of state」という。Stateとは「主権を有する国家」という意味で、権力機構としての国家という意味が強い。したがって権力者ではあらせられない日本天皇の御地位を「the head of state」とするのはいかがなものかという考えも起こる。

 

昨日も論じたが、國家機関及び成文法は「天皇を中心とする日本國體」を基礎としその上に成立するものである。言い換えれば「天皇を祭祀主と仰ぐ信仰共同體・祭祀國家・道義國家」が日本國の本質であり、一億二千万國民が共同生活を営むための機構・制度・法律は、「天皇中心の信仰共同體」の上部構造として人知を結集して作られているのである。

 

したがって、『大日本帝国憲法』のように、國家機関及び成文法は、日本國體精神という不文法・國體法に立脚していなければならない。そういう前提・大義が立法意志として確立していれば、「天皇は日本国の元首である」と明記した方が、「象徴」などという規定よりは國體を正しく表現していると言える。

 

日本國の統治の大權は建國以来天皇にある。天皇統治とは、権力や武力によって人民を支配することではない。日本國の統治大権は建國以来、天皇にあるということを憲法に明確に示すべきである。天皇の統治大権とは、権力や武力による支配ではなく、祭祀と一體のものであり、天皇が神聖な信仰的権威によって統率し統一することである。ゆえに「萬世一系の天皇が日本を統治する」という表現が適切である。それは「天壌無窮の御神勅」の精神に立脚しているからである。

|

« 千駄木庵日乗五月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59572599

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の「國體条項・天皇条項」について:

« 千駄木庵日乗五月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月三日 »