« 日本人の道徳・倫理観には清明心が大きな位置を占めてゐる | トップページ | 神話時代以来の「もののふの道」を今に生かさなければならない »

2014年4月30日 (水)

千駄木庵日乗四月二十九日

午前は、諸雑務。原稿執筆など。

午後は、新宿駅西口駅頭にて開催された『第六回・奉祝昭和節』の街頭演説会に参加。演説を行う。昭和天皇御製について語らせていただいた。多くの同志の方々とお会いした。また、ある政治家の方と街宣車の前で会う。九十歳を越しておられるがお元気そうであった。ある党の代表もされ、都議会で実力者と言われた人。すでに引退されているが、一人で歩いておられた。また何故か分からないが、街宣車の前に機動隊員が整列した。短時間であったが驚いた。

この後、老人介護施設を赴き、母と会う。大勢の方々と共に食事をしていた。元気そうではあるが、ゆっくり話すことができなかった。

帰宅後は、『萬葉集』評論原稿執筆など。

|

« 日本人の道徳・倫理観には清明心が大きな位置を占めてゐる | トップページ | 神話時代以来の「もののふの道」を今に生かさなければならない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59555307

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十九日:

« 日本人の道徳・倫理観には清明心が大きな位置を占めてゐる | トップページ | 神話時代以来の「もののふの道」を今に生かさなければならない »