« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十七日 »

2014年4月17日 (木)

「もっとも害を与える人は、もっとも善いことをしようと努めている人だ」

 オスカー・ワイルド(一八五四~一九〇〇。イギリスの劇作家・小説家。世紀末文学の代表的作家で、芸術至上主義者。代表作に戯曲『サロメ』がある)に、「もっとも害を与える人は、もっとも善いことをしようと努めている人だ」という言葉がある。「自分の行っていることが正義だ」と信じ込み実行する勢力や個人が、殺戮を行い、世の中を暗黒にし、独裁政治を生み、國民から自由と繁栄を奪うという意味であろう。

 

自由で幸福な世の中とは、ある特定の人が唱える「正義」を絶対のものとして民衆に押しつける世の中ではない。独裁者は必ず「正義」を旗印として独裁政権を手に入れる。レーニン、スターリン、ヒトラー、毛沢東、カストロなどは皆そうだった。北朝鮮の金日成・金正日・金正恩は今日唯今、虚構の「正義」を振りかざして多くの人々をそれこそ「無慈悲に」殺してきた。

 

 真に正義を尊重し正義の実現を目指す人は、そしてそれが権力を持つ人であればなおさら、自由で柔軟で大らかな精神を持っていなければならない。正義や人間の幸福は法律や権力のみによって実現されるものではない。法律や権力のみによって実現された正義の世の中とはロボットが動く世の中と同じである。

 

 「正義」の呪文を唱えながら、自由を否定する狂気は暗黒と専制の世の中をもたらす。それが一七八九年革命直後のロベスピエール独裁下のフランスであり、革命後の旧ソ連であり、共産支那であり、北朝鮮である。

|

« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59481839

この記事へのトラックバック一覧です: 「もっとも害を与える人は、もっとも善いことをしようと努めている人だ」:

« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十七日 »