« 三潴信吾先生の「皇室論」「憲法論」 | トップページ | 現代維新も「尊皇攘夷」の精神を根底に置いて戦われなければならない »

2014年3月31日 (月)

千駄木庵日乗三月三十日

午前は、諸雑務。

午後は、本日行われる講演の準備。

この後、病院に赴き、母に付き添う。

午後六時より、春日の文京シビックセンターにて、『第三十八回・日本の心を学ぶ会』開催。林大悟氏が司会。国民儀礼の後、渡邊昇代表が挨拶。瀬戸弘幸氏と小生が「日本のおける保守政治とは何か」と題して講演。活発な質疑応答が行われた。

帰宅後は、資料の整理。

|

« 三潴信吾先生の「皇室論」「憲法論」 | トップページ | 現代維新も「尊皇攘夷」の精神を根底に置いて戦われなければならない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59384463

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月三十日:

« 三潴信吾先生の「皇室論」「憲法論」 | トップページ | 現代維新も「尊皇攘夷」の精神を根底に置いて戦われなければならない »