« 祭祀・生産・軍事といふ国家存立の三大要素の体現者が日本天皇であらせられる | トップページ | 日本國民の「絶対的な忠誠」の対象は天皇である »

2014年3月28日 (金)

千駄木庵日乗三月二十七日

午前は、諸雑務。

昼は、知人と懇談。内外の諸情勢について語り合う。

午後は、『萬葉集』講義原稿執筆。

午後四時、病院に赴き母に付き添う。相談員の方と今後のことについて相談。

午後六時半より、文京シビックセンターにて、『國體政治研究会』開催。玉川博己三島由紀夫研究会代表幹事が「三島由紀夫と國體論」と題して講演。質疑応答。

終了後、中村信一郎國體政治研究会代表幹事、玉川氏と懇談。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 祭祀・生産・軍事といふ国家存立の三大要素の体現者が日本天皇であらせられる | トップページ | 日本國民の「絶対的な忠誠」の対象は天皇である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59366826

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十七日:

« 祭祀・生産・軍事といふ国家存立の三大要素の体現者が日本天皇であらせられる | トップページ | 日本國民の「絶対的な忠誠」の対象は天皇である »