« 和歌はなぜ定型・韻律に則って歌われるのか | トップページ | 茂木貞純国学院大学教授の講演内容 »

2014年3月15日 (土)

千駄木庵日乗三月十四日

午前は、諸雑務。

午後は、『萬葉集』論の原稿執筆。

この後、病院に赴き、母に付き添う。どういうわけか、手を拘束されている。理由の説明なし。母が可哀想である。お菓子と果物を食べていただく。

午後七時より、ホテルサンルート高田馬場にて、『一水会フォーラム』開催。小林節慶應義塾大学教授が講演。活発な質疑応答が行われた。終了後懇親会。

140314_2046010001

講演会風景

帰宅後も、原稿執筆。

|

« 和歌はなぜ定型・韻律に則って歌われるのか | トップページ | 茂木貞純国学院大学教授の講演内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59293493

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十四日:

« 和歌はなぜ定型・韻律に則って歌われるのか | トップページ | 茂木貞純国学院大学教授の講演内容 »