« 『国歌君が代』の信仰的意義 | トップページ | 今こそわが日本は「大和心」を持って支那に対抗すべきである »

2014年3月21日 (金)

千駄木庵日乗三月二十日

午前は、諸雑務。

午後は、原稿執筆。

この後、病院に赴き、母に付き添う。病院の相談員の方と話す。奇跡が起こったとしか言いようのないことになった。有り難し。詳しくしあらためて書かしていただきます。

午後六時半より、北青山の大東会館にて、『皇室典範』についての勉強会開催。田尾憲男氏が講義。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 『国歌君が代』の信仰的意義 | トップページ | 今こそわが日本は「大和心」を持って支那に対抗すべきである »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59327416

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十日:

« 『国歌君が代』の信仰的意義 | トップページ | 今こそわが日本は「大和心」を持って支那に対抗すべきである »