« 千駄木庵日乗三月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十二日 »

2014年3月12日 (水)

三月十日「東京大空襲」に思ふ

三月十日は、東京大空襲が行われた日である。無辜の東京都民・十万人以上がアメリカ軍によって焼き殺された日である。この空襲で一夜にして、東京市街地の東半部、実に東京35区の3分の1以上の面積にあたる約41平方キロメートルが焼き尽くされた。

 

初期の米軍のわが国への空襲は、軍事目標であったが、カーチス・ルメイ第21爆撃集団司令官の意見で、市街地を目標とする戦術に変更され、東京大虐殺が実行されたのである。

 

昭和三十九年一二月七日、カーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章が授与された。理由は日本の航空自衛隊育成に協力があったためという。佐藤内閣の時である。推薦は防衛庁長官小泉純也と外務大臣椎名悦三郎の連名で行われた。勲一等旭日大綬章は、天皇陛下から皇居に於いて親授されるのが恒例であるが、昭和天皇は親授されなかった。

私は、佐藤氏を戦後の宰相の中で評価してゐるが、この一件ばかりはどうにも許すことは出来ぬ。また小泉純也、純一郎親子は二代にわたる媚米政治家であると考える。

 

昨日の夜、怒りに任せて次のやうな歌を詠んだ。充分に推敲していない歌ですが、

掲載させていただきます。

 

              〇

 

無辜の民十万が殺されし三月十日忘れることなく今を生きるべし

 

日本人は何ゆゑかくも寛大か原爆大空襲を責める声少なし

 

鬼畜米英といふ言葉に嘘は無しとしみじみ思ふ三月十日

 

三月十日何の抗議運動も起らざるわが国は恨み持たざる国か

 

大空襲を指揮せし鬼に勲章を与へしを日本の「大らかさ」と言ふか

 

全国民が今日こそ反米の戦ひするべき日なり 三月十日

|

« 千駄木庵日乗三月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59277992

この記事へのトラックバック一覧です: 三月十日「東京大空襲」に思ふ:

« 千駄木庵日乗三月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十二日 »