« 「深見東州バースデー個展」開幕式における登壇者の発言 | トップページ | 『国歌君が代』の信仰的意義 »

2014年3月20日 (木)

千駄木庵日乗三月十九日

午前は、諸雑務。

午後は、病院に赴き、母に付き添う。

午後二時半より、芝の駐健保会館にて、『大行社幹部会』開催。顧問の一人としてスピーチ。

午後四時より、赤坂の日本財団ビルにて、『東京財団フォーラム』開催。「米国ウォッチャーが語るオバマ大統領のアジア」と題して、クリス・ネルソン氏(サミュエルズ・インターナショナル上級副社長、「ネルソン・レポート」編集長兼発行人)が講演。高原明生東京大学大学院教授、渡部恒雄東京財団上席研究員がスピーカーとして発言した。なかなか興味深い内容であった。後日報告します。

帰宅後は、『萬葉集』解説原稿執筆。

|

« 「深見東州バースデー個展」開幕式における登壇者の発言 | トップページ | 『国歌君が代』の信仰的意義 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59322350

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十九日:

« 「深見東州バースデー個展」開幕式における登壇者の発言 | トップページ | 『国歌君が代』の信仰的意義 »