« 千駄木庵日乗二月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十一日 »

2014年2月11日 (火)

維新変革について

「天地の初発の時」即ち神がお生みになった日本國の最初の時の姿を回復することによって、この危機的状況を打開することができるというのが、我が國の伝統的な信仰である。

 

 維新とは、実に罪穢を祓い清め國家の本来の清浄な姿・神のお生みになったままの麗しい姿を回復することである。したがって、今日行うべきことは罪穢を祓い清めることである。

 

 國家の本来の清浄な姿・神のお生みになったままの麗しい姿とは、キリスト教や浄土思想の説くような遥か彼方にある天國とか極楽浄土ではない。今此処に、日本人の本来の生活と信仰とを戻すことである。

 

 実際、日本民族は、全國各地で毎日のように禊と祭りを行っている。それは信仰共同體日本の本来の姿を回復する祈りが込められている行事である。

神への祈り・神を祭る心を回復すべし

 

 國家を愛することができなくなっているのは、國民の多くが國家に対して誤った見方をしているからである。精神的共同體としての國家と権力機構・経済體制としての國家とをはっきり区別して考えなければならない。権力機構・経済體制としての國家がいかに混乱し破滅的状況にあっとしても、精神的共同體としての國家は永遠に不滅である。

 

 わが國の歴史を顧みても、これまで、壬申の乱、南北朝時代、応仁の乱そしてそれに続く戦國時代というような大混乱の時代も経験したが、天皇を中心とする精神共同體としての國家・日本は生き続け、國家的・民族的統一を全く喪失する事なく必ず太平の世を回復してきた。

 

 今日のこの混迷も必ずこれを打開して正しき日本の姿を回復するに違いない。しかしそのためには、歴史を回顧して明らかな如く、真に國家の伝統精神を継承する者たちの必死の努力精進が必要である。

 

 現状に満足し、変革の意思を持たない者は幸福である。換言すれば変革は現状に満足している者には変革はできない。愛國運動・維新運動とは、現代に危機感を抱いている者たちによって行われる運動である。

 

 維新変革は、この國を何とかしなければならないという情熱を持つ者によって行われるのである。情熱は時として誤れる方向に突っ走ることがある。それを防ぐためには、深い神への祈り、神を祭る心、神の意思通りに生きんとする心を持たなければならない。

 

 明治維新が徳川幕藩體制を打倒して天皇中心の國體を明らかにした如く、現代における禊祓いとは、今日の日本に巣食っている邪悪な者共を殲滅することである。そして現代における祭りとは、禊祓いの後に天皇國日本の真姿を回復することである。

|

« 千駄木庵日乗二月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59110116

この記事へのトラックバック一覧です: 維新変革について:

» fitflops sale [fitflops salebP5 as long as the water will be able to fill his belly]
Hot clan war to support our players have been brought to together, coupled wi fitflops sale th our guild players on a total of five million people, but relatively seven h [続きを読む]

受信: 2014年2月11日 (火) 19時34分

« 千駄木庵日乗二月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十一日 »