« 日本は、言葉の靈が栄える國であり、言葉の靈の力によって生命が豊かに栄える國である | トップページ | 千駄木庵日乗二月八日 »

2014年2月 8日 (土)

在日米大使館の報道担当官の発言こそ馬鹿げている

 在日米大使館の報道担当官は二月七日、偏向売国新聞=毎日新聞の日米対立を煽りたてることを目的とした取材に対して、NHK経営委員の百田尚樹氏が東京都知事選の街頭演説で「南京大虐殺はなかった」などと語ったことについて「責任ある立場の人物は、地域の緊張をさらに悪化させるような発言を控えるよう望む」と非難した。
 

さらに百田氏が同じ演説で、原爆投下と東京大空襲を「大虐殺」と位置づけ、東京裁判を「これをごまかすための裁判だった」と主張したことについては「ばかげた意見」と非難した。

アメリカは、原爆投下・東京大空襲・全国主要都市への爆撃即ち日本人大虐殺、殲滅作戦に対する批判が巻き起こることを回避するために、嘘八百の「南京大虐殺」「慰安婦問題」という虚構によって日本が非難され中傷されることを望んでいるのだ。

内外の反日勢力による日本破壊・日米離間策謀が次第に功を奏するようになってきている。しかし日本の真の再生は、歴史問題の正しい決着無くしてあり得ない。わが国は、正義の主張を正々堂々、支那や韓国に対してのみならず、アメリカに対しても突きつけ、日本を侵略国家とする誤れる歴史の修正を実現すべきである。

 

アジア最大の侵略国家は支那であり、その手先になって来たのが朝鮮である。それがアジアの歴史である。わが日本は、支那及び欧米列強のアジア侵略を打ち砕く戦いをして来たのである。その歴史を正しく知らしめるべきである。

|

« 日本は、言葉の靈が栄える國であり、言葉の靈の力によって生命が豊かに栄える國である | トップページ | 千駄木庵日乗二月八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59090965

この記事へのトラックバック一覧です: 在日米大使館の報道担当官の発言こそ馬鹿げている:

« 日本は、言葉の靈が栄える國であり、言葉の靈の力によって生命が豊かに栄える國である | トップページ | 千駄木庵日乗二月八日 »