« 沖縄について | トップページ | 日本天皇のご本質について »

2014年2月27日 (木)

千駄木庵日乗二月二十六日

朝は、諸雑務。

午前十一時より、内幸町の帝国ホテルにて、『堤清二・辻井喬お別れの会』開催。献花が行われた後、別室にて立食の食事会。堤清二氏とは、「一水会フォーラム」にて一回お会いしただけなのだが、小生にもご案内があった。会場には、各界から多くの人が参集した。堤氏の交際範囲の広さ、ご人徳によるものであろう。歌人の馬場あき子さんとは本当に久しぶりにお会いした。小生が二十代のころ参加していた短歌結社「まひる野」の会(窪田章一郎先生主宰)の大先輩である。また元衆院議員の島村宜伸氏とも久しぶりにお会いした。

この後、ホテル内の茶房にて、木村三浩氏と懇談。

帰途、病院に赴き、母に付き添う。食事の介助。

帰宅後は、『萬葉集』講義原稿執筆。

|

« 沖縄について | トップページ | 日本天皇のご本質について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/59204811

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二十六日:

« 沖縄について | トップページ | 日本天皇のご本質について »