« 小野田寛郎氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 | トップページ | 正しき國體観を基礎とした憲法であるべし »

2014年1月18日 (土)

千駄木庵乗一月十七日

午前は、諸雑務。

午後は、病院に赴き、母に付き添おうと思ったが、またしてもノロウイルスに院内感染してしまった。顔色はそれほど悪くなく、熱もないのだが、食欲が全くないという。そして点滴をするという。母が点滴を嫌がっている。もうすぐ九十四歳なのでとても、心配である。医師・看護師と話す。何とかしなければならない。有名病院なのだが、何かおかしい。このままでは母があまりにも可哀想である。

午後五時より、東新宿にて、同志が集まり「建国記念の日政府式典開催要求全国統一街宣」について討議。活発な意見が出た。自民党は選挙の時、「建国記念の日」「竹島の日」に政府主催行事を行うと公約したのに実行されていない。

帰宅後は、資料の整理。

|

« 小野田寛郎氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 | トップページ | 正しき國體観を基礎とした憲法であるべし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58963849

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵乗一月十七日:

« 小野田寛郎氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 | トップページ | 正しき國體観を基礎とした憲法であるべし »