« 近代合理主義の限界と超克 | トップページ | 『米国の対外姿勢の変化と日米関係の影響』と題するパネルディスカッションにおける登壇者の発言 »

2014年1月12日 (日)

千駄木庵日乗一月十一日

午前は、諸雑務。

午後二時より、内幸町の日本プレスセンターにて、『アジア問題懇話会』開催。武貞秀士氏が「張成沢粛清後の北朝鮮」と題して講演。活発な質疑応答が行われた。後日報告します。奥野誠亮先生にご挨拶。齢百歳になられても矍鑠としておられる。国士政治家の一層のご長寿を祈る。

この後、病院に赴き、母に付き添う。夕食を介助。

帰宅後は、『政治分が情報』の原稿執筆など。

|

« 近代合理主義の限界と超克 | トップページ | 『米国の対外姿勢の変化と日米関係の影響』と題するパネルディスカッションにおける登壇者の発言 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58927484

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月十一日:

« 近代合理主義の限界と超克 | トップページ | 『米国の対外姿勢の変化と日米関係の影響』と題するパネルディスカッションにおける登壇者の発言 »