« 祭祀の精神と維新 | トップページ | 国難にどう対処すべきか »

2014年1月 7日 (火)

千駄木庵日乗一月七日

午前は、諸雑務。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。明日の『萬葉古代史研究会』における講義の準備。

夕刻、病院に赴き母と会う。元気になってきているのがうれしい。一日も早く退院してもらうためには、介護施設の入所が決定しなければならない。唯今その交渉中である。

帰途、上野に出て買い物。上野松坂屋は改築中、吉池も改築中。高層ビルが建つようである。上野も大きく変わるのだろうか。老舗のとんかつ屋が「双葉」が閉店した。上野にはどういうわけか老舗といわれるとんかつ屋が多い。とんかつは私の好物である。庶民の街であるとともに、上野公園には博物館、美術館、図書館が多くあるので文化の街でもある。不忍池があり、上野山の緑もあり、なかなかいいところである。さらに、大衆演芸場が二軒ある。

帰宅後は、明日の講義の準備。資料の整理。

|

« 祭祀の精神と維新 | トップページ | 国難にどう対処すべきか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58903944

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月七日:

« 祭祀の精神と維新 | トップページ | 国難にどう対処すべきか »