« 千駄木庵日乗十二月二十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月三十日 »

2013年12月30日 (月)

今日の危機打開と復古即革新

日本国民は、ことの結果に対して潔く責任を負い、恥を知る道義心を持っていた。武士道精神がその典型だが、武士だけでなく、農民も、商人も高い道義心を持っていた。日本の文化は、「名と恥の文化」といわれる。日本人は本来、名誉を重んじ名がすたることをもっとも忌み嫌い、恥を知る民族である。

 

 わが国には古来から武士道精神は、「忠」「孝」「義」「勇」「仁」「礼」「誠」「名誉」「克己」という徳目がその内容となっている。わが国国民の正邪・善悪の観念は、武士道精神に基づくといっても過言ではない。

 

 武士道精神の核となるのは、「忠孝精神」「名誉の感覚」「廉恥心」(心が清らかで、恥を知る心)である。

 

長い日本の歴史の中で、須佐之男命・日本武尊という神話時代の英雄、さらに中古中世の鎮西八郎為朝、源義経、楠正成、さらに近世・幕末における赤穂四十七士、井伊直弼を撃った水戸脱藩浪士の行動、さらに大東亜戦争における特攻隊員を始めとした兵士たちの行為などは、「武士の鏡」「英雄」と讃えられた。しかし、戦後日本は、そうした英雄の行為を「非合法」「反ヒューマニズム」として裁き日蔭に追いやった。

 

「國のため敵を撃つ」「大君の御為に身命を捧げる」「仇なすものを討つ」などということは、「平和と民主主義」と絶対相容れない「行為」として、「日蔭」に追いやられ続けている。

 

 君に忠、親に孝、廉恥心が、わが国の道義心の根幹である。善悪の観念を喪失した現代の子供たちにこの心を植えつけなければならない。

 

 武士道を否定し、「生命の尊重」が最高の道徳とされ、「平和と民主主義」を謳歌している今日の日本において、戦前どころか有史以来見られなかった凶悪にして残虐なる犯罪、殺人事件が続発している。

 

大化改新・明治維新という国家的危機を救った大変革は「復古即革新の原理」によって断行され、国家民族を再生せしめてきた。わが国が国難を乗り切った歴史の根底には、伝統的な道義精神を正しく保持しつつ、改革を実現し、現状を打開してきた。わが国の伝統精神を回復し、天皇を敬い、国を愛し、神仏を尊び、先祖及び護国の忠霊を敬い、親や家族を大事にする心を取り戻すことが大切である。今日の危機を打開するためには、日本伝統精神に回帰し、それを開顕することが大切である。

|

« 千駄木庵日乗十二月二十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月三十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58844587

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の危機打開と復古即革新:

« 千駄木庵日乗十二月二十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月三十日 »