« 千駄木庵日乗十二月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十八日 »

2013年12月18日 (水)

日本の『神』とは

 「かみ(神)」の語源は、「カ」は接頭語であり、「ミ」は語根。「ミ」は漢字で「實」「身」と書かれるやうに、中身・實在そのもの・力のある存在・無形のカオス(天地創造以前の世界の状態。混沌)・靈威ある存在のことである。神は「上」の方にゐる存在だから「カミ」といふとの説は國語學的には誤りであるとされる。

 

 神には、自然神・呪物神・人格神・祖神がある。日本の神々は、自然神と祖靈神とに大きく別けられる。この両方の性格を具備してをられる神が天照皇大御神であらせられる。天照皇大御神は、太陽神といふ自然神であると共に皇室の御祖先神であらせられる。

 

 日本の神々とは何か強い力を持ってゐる存在をいふのであって、必ずしも完全円満な存在ではない。荒ぶる神も出現する。まして唯一絶対無謬神ではない。 

 

 「神」の枕詞は「千早振る」である。「チ」とは靈のこと。「ハヤ」は「疾風(はやて)の如く」といふやうに激しい状況。「フル」は震へるといふ意。だから「千早振る」とは、神靈が激しく震へるといふ意である。また「フル」は體に触れる・密着するといふ意味もある。 

 

 折口信夫氏は、「いつ(靈の権威・力)といふ語は、音韻変化してウチとも又イチともなります。ちはやぶるといふ枕詞は、いちはやぶる・うちはやぶるなどといふ語の第一音の脱落した形です。古事記の倭建命の東征の條にも、『うちはやぶる人』といふ語が出て來ます。亂暴する人といふことです。はやぶるといふのがその意味で、威力ある靈魂が暴威を發揮することがちはやぶるです。…神の中に暴威を振ふ神が多い。…さういふ觀念から、枕詞として、ちはやぶるが出來ました。」(『神々と民俗』)と論じてゐる。

 

 「神」とは、人知では計り知れない靈妙なる存在のことである。日本人は古代より、祭祀や祈りの対象とされるかしこき存在を「神(かみ)」と仰いだのである。

 

|

« 千駄木庵日乗十二月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58774808

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の『神』とは:

« 千駄木庵日乗十二月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十八日 »