« 張成沢銃殺に思う | トップページ | やむにやまれぬ大和魂 »

2013年12月15日 (日)

千駄木庵日乗十二月十四日

午前は、諸雑務。

午後は、原稿執筆の準備。

この後、病院に赴き、母と会う。看護師から母が日本茶を飲みたかっているという連絡があったので、ナースセンターに日本茶を届ける。病院側の意向により、長く付き添っていることができないのが本当に残念。母は、私の影がカーテンに映っただけで、私が来たとわかってくれた。寒いと言うので掛布団をもう一枚かけてあげる。母は、「何処に行っていたの」と聞く。私は「家だよ」と答える。母は、「正貴は良い子だから好きだよ」と言って、泣き出した。本当に切ない。たとえ二、三分しか会えなくてもやはり毎日来るべきだと思う。

午後論六時より、新宿にて、『民族革新会議』忘年会開催。犬塚博英議長が挨拶。阿形充規氏の音頭で乾杯を行い、清宴に移った。

帰宅後は、書状執筆、資料の整理。

|

« 張成沢銃殺に思う | トップページ | やむにやまれぬ大和魂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58757377

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十四日:

« 張成沢銃殺に思う | トップページ | やむにやまれぬ大和魂 »