« 渡邉允氏(前侍従長)の講演内容 | トップページ | 力がない國は侵略され、滅ぼされる »

2013年12月 3日 (火)

千駄木庵日乗十二月二日

午前は、諸雑務、この後、『伝統と革新』編集の仕事。

午後、東京厚生年金病院に赴き、母に会おうとしたが、しばらく待たされた後、看護婦長から「ノロウイルスに感染しており、まだ下痢が完全に止まっていないので、感染する恐れがあるので、今週中は面会はできない」と言われる。電話で連絡してくれればいいものをと思う。仕方なく帰る。母は私が来るのを楽しみにしており、昨日は涙を流して喜んでくれた。本当に悲しいことだ。一日も早く全快し、退院できることを祈るのみ。

午後六時より、赤坂にて、先輩同志諸氏と会食、懇談。主催してくださった先輩に心より感謝申し上げる。

帰宅後は、資料の整理など。

|

« 渡邉允氏(前侍従長)の講演内容 | トップページ | 力がない國は侵略され、滅ぼされる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58687083

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二日:

« 渡邉允氏(前侍従長)の講演内容 | トップページ | 力がない國は侵略され、滅ぼされる »