« 国難に晒されてゐる今日において偉大なる「勅撰和歌集」が撰進されるべきである | トップページ | 天皇の神聖性・尊厳性が冒瀆される時、日本國は崩壊の危機に瀕する »

2013年11月12日 (火)

千駄木庵日乗十一月十一日

午前は、母のお世話。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事、『政治文化情報』の原稿執筆。

午後六時より、平河町の高池法律事務所にて、「國體政治研究会」幹事会開催。中村信一郎氏が司会、今後の研究活動について討議。

帰宅後も、原稿執筆。

|

« 国難に晒されてゐる今日において偉大なる「勅撰和歌集」が撰進されるべきである | トップページ | 天皇の神聖性・尊厳性が冒瀆される時、日本國は崩壊の危機に瀕する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58559038

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月十一日:

« 国難に晒されてゐる今日において偉大なる「勅撰和歌集」が撰進されるべきである | トップページ | 天皇の神聖性・尊厳性が冒瀆される時、日本國は崩壊の危機に瀕する »