« 『契約国家論』は三千年の歴史を有する祭祀国家・日本とは絶対に相容れない | トップページ | 仏教の融合について »

2013年11月27日 (水)

千駄木庵日乗十一月二十六日

午前は、『伝統と革新』次号の最終的な編集作業。諸雑務。

夕刻、病院に赴き、母に付き添う。食事ができるようになった。有り難い。看護師に様子を聞いたのだが、つっけんどんな返事なので困惑する。看護師も人によっていろいろである。

帰宅後は、資料の整理、原稿執筆の準備。

|

« 『契約国家論』は三千年の歴史を有する祭祀国家・日本とは絶対に相容れない | トップページ | 仏教の融合について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58650861

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十六日:

« 『契約国家論』は三千年の歴史を有する祭祀国家・日本とは絶対に相容れない | トップページ | 仏教の融合について »