« 千駄木庵日乗十一月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十九日 »

2013年11月29日 (金)

呉善花さんの講演内容

十月七日に行われた『一水会フォーラム』における呉善花さんの講演内容は次の通り。

 

「来日して三十年、まだ日本的なものに慣れない部分がある。その一つが発音。濁音の発音が韓国人にはやりにくい。聞くことも出来ない。日本は儒教国家ではない。それは敬語の使い方に現れている。韓国人と日本人は顔だけ見ると見分けがつかない。だから親近感を持ち、外国人という感覚を失い、トラブルの原因となる。日本・韓国・中国には違いがある。この違いを徹底的に検証すべし。

 

韓国ドラマが日本に定着したきっかけはペ・ヨンジュン。あんなナヨナヨした男の何処が良いのかと韓国女性は言っていた。イ・ヨンフンの方が、人気がある。儒教は上下関係かはっきりしている。徹底した階級社会。男尊女卑社会。日本は表面上、男権社会。しかし、それは表面だけで、実際は女性か支えている社会。強く完璧な男に限りなく魅力を感じるのが韓国女性。日本社会には母系社会の名残がある。女性神の存在が強い。

 

朴槿恵(パク・クネ)は外国に行くたびに日本の悪口を言いまくっている。韓国マスコミも日本の悪口を言いまくっている。今年の四月から物凄くなっている。KBSは『安倍政権=軍国主義、安倍=悪魔』と放送した。拓殖大学の学生たちは戦争など出来そうもない顔をしている人が多い。韓国ではこの情報化時代に、反日を言えば言うほどその人は評価される。

 

韓国は国民の半分がクリスチャン。『日本はキリスト教を信じていないから東日本大震災で天罰を受けた』と主張する。キリスト教は愛の宗教なのに世論は『よくぞ言った』と反応する。反日を言っているために、韓国は経済的にどれだけ損をしているか分からない。九十四歳のお年寄りが公園で、『日本統治時代の方が良かった』と言ったら、若者に殴り殺された。韓国世論は『よくぞ親日派を殺してくれた』と言う。靖国神社放火犯を英雄視する。日本統治時代を評価しない。韓国人の性格がよく表れている。親日派=売国奴。

 

日本統治時代に韓国は近代化された。農地改革を総督府が行ったので、生産量が二倍になった。一九一〇年の日韓併合以来三十年間で、人口は二倍近く伸び、一千二百万になった。これが結論。日本が略奪し、迫害したのなら人口が伸びただろうか。

 

私は売国奴とされ、李明博時代は入国できたのに、今年七月末入国拒否された。韓国のマスコミは『呉善花入国拒否は当然』と書いた。言論を大事にしなければならないマスコミが言論を弾圧している。日本人観光客が減った。中国人観光客が多いが、韓国にとってプラスにならない。朴槿恵大統領は日本に背を向け、中国に向いている。これはとても危険。中国はアジアで嫌われている。韓国は経済的に中国に頼らざるを得ない。中国と手を組んで日本をやっつけようとしている。済州島の土地を中国が買っている。日本の力を落とすのが中国の目的。韓国はそれに協力。中国の懐に入ってしまった。

 

以前は、韓国の方が中国より経済的に上だった。韓国は中国を上から目線で見下ろしていた。馬鹿にしていた。しかし今日はかなわないと思って中国にすり寄っている。中国の経済もそう長くはない。

 

儒教では、人間以外を拝むのは野蛮。自然神、山の神、樹木の神は拝まない。拝むのは迷信。日本人はわけの分からない神を信じている。未開の血が日本人に流れている。だから叩いておかないと何をされるか分からないと思っている。それほど日本のことが分かっていない。私の本は一冊も韓国で翻訳されていない。日韓の知的レベルは天と地ほどの開きがある。日本は野蛮人と思っている。李氏朝鮮は文の国・平和の國、日本は戦国時代ら近代まで武の国・戦争の國と思っている。刀を尊重する国はいやしく野蛮と思っている。だから韓国では、刀を作る人は身分が低い。日本人は刀を藝術品として尊重。

 

みっともないという発想は韓国人にはない。日本人は韓国人が考え方・価値観が違う人種であることを知っていないと大変に目に遭う。李氏朝鮮の時代に韓国は仏教を捨てて朱子学のみになった。日本は同じ時期に様々な仏教が生まれた。五百年間これが信仰になっている。この脳波は五年や十年では変わらない。貧富の格差がなく、治安の良い日本。世界各国にないものが日本にある。朴槿恵大統領は反日の気持しかない。

 

人間関係を作ろうとした時、韓国人は距離感をなくすのがポイント。日本人は距離を置こうとする。間を置く。儒教は死後の世界を語らない。韓国にはシャーマニズムが沢山ある。シャーマンの役割をキリスト教が果たした。福音派が大きい影響力を持つ。『どこの教会に行くと利益がある、病気が治る』と言う。韓国は不安な社会。

 

一人の人間の中に親日と反日がある。反日の人でも日本に来たり、日本のものを使う。昼は反日、夜は親日。マスコミも政治もそこで成り立っている。日本人に接触した七十歳以上の人々は親日。反日教育を受けた六十歳以下の人々はイデオロギー的に反日感情。二十歳以下の日本に来ている人も増えている。韓国は弱いものをいじめる。事大主義。日本人は強い顔をした方がいい。韓国に対して強く出た方がいい。日本の若者たちはまともになって来た。嫌韓感情を持つようになってきた。愛国心を持つようになってきた」。

|

« 千駄木庵日乗十一月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58662070

この記事へのトラックバック一覧です: 呉善花さんの講演内容:

« 千駄木庵日乗十一月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十九日 »