« 千駄木庵日乗十一月二十三日 | トップページ | 所功京都産業大学名誉教授の「橋本左内(景岳)」と題する講演内容 »

2013年11月24日 (日)

わが國は一致団結して支那の侵略に備えねばならない

共産支那国防省は23日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)上空を含む空域に、戦闘機が警告のため緊急発進(スクランブル)する際の基準となる「防空識別圏(ADIZ)」を設定したと発表した。

 

さらに、同日午後、支那軍の情報収集機1機が、支那が「防空識別圏」を設定したと発表した沖縄県・尖閣諸島付近の上空を飛行し、尖閣諸島の北の領空から約40キロの空域まで接近した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかったが、同省は警戒監視を強化している。 

 

愈々共産支那は、わが国に対して軍事的攻勢を強めて来た。尖閣諸島そして沖縄へ侵略を開始するのであろうか。

 

以前、日本に来ている支那人と語り合った時、その人は、「中国人の多くは、先の戦争で中国が勝ったとは思っていない。アメリカとソ連が日本をやっつけてくれたと思っている。だから中国自身が日本と戦って日本をやっつけたいと思っている」と語った。

 

日本を一度は力で屈服させたいと思っている支那人が多いことは事実だろう。わが國は一致団結して支那の侵略に備えねばならない。

 

 

|

« 千駄木庵日乗十一月二十三日 | トップページ | 所功京都産業大学名誉教授の「橋本左内(景岳)」と題する講演内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58631972

この記事へのトラックバック一覧です: わが國は一致団結して支那の侵略に備えねばならない:

« 千駄木庵日乗十一月二十三日 | トップページ | 所功京都産業大学名誉教授の「橋本左内(景岳)」と題する講演内容 »