« 大東亜戦争について | トップページ | 『占領憲法』の「平和主義」の欺瞞性 »

2013年10月18日 (金)

千駄木庵日乗十月十七日

朝は、母のお世話。

午前十一時半より、谷中のたんぴょう亭にて、『呉竹会幹事会』開催。広瀬義道氏が司会。頭山興助会長・藤井厳喜氏代表幹事が挨拶。審議・討論。そして、小生が「錦の御旗と戊辰戦争』について講義、質疑応答。

この後、谷中霊園に眠る来島恒喜烈士の墓所に赴き、全員で線香を手向、拝礼。

いったん帰宅、『政治文化情報』の原稿執筆。

午後七時より、神田の如水会館にて、『一水会フォーラム』開催。呉善花拓殖大学国際学部教授が「今の韓国について考える」と題して講演、質疑応答。

帰宅後も、『政治文化情報』原稿執筆・脱稿。

|

« 大東亜戦争について | トップページ | 『占領憲法』の「平和主義」の欺瞞性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58405400

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十七日:

« 大東亜戦争について | トップページ | 『占領憲法』の「平和主義」の欺瞞性 »