« 『占領憲法』の「平和主義」の欺瞞性 | トップページ | 維新とは、「今即神代」「高天原を地上へ」の實現である »

2013年10月19日 (土)

千駄木庵日乗十月十八日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。医師の往診あり。

午後は、明後日行われジャパンライジングサン主催の『憲法問題学習会』における講義の準備。

午後六時より、四谷公会堂にて、『野村秋介追悼二十年・群青忌』執行。読経・開会の辞・特別映像上映・来賓挨拶(大原康男・阿形充規・長谷川三千子・盛田正敏・ヒロ山口の各氏)・「天の怒りか地の声か」朗読・追悼講演(犬塚博英氏)・追悼映像上映・閉会の辞が行われた。

帰宅後は、明後日の講義の準備。

|

« 『占領憲法』の「平和主義」の欺瞞性 | トップページ | 維新とは、「今即神代」「高天原を地上へ」の實現である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/58410890

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十八日:

« 『占領憲法』の「平和主義」の欺瞞性 | トップページ | 維新とは、「今即神代」「高天原を地上へ」の實現である »