« 千駄木庵日乗十月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十六日 »

2013年10月16日 (水)

この頃詠みし歌

幼な子を連れし母親多くして皆それぞれに強さ持つ如し

 

 

 

地の上は治乱興亡繰り返す月影は永久に変らずあれど

 

 

 

手際よく酒場の主(あるじ)が作りたるつまみをうましと言ひて食せり

 

 

 

朝毎に水換へてやる花たちは母の心を安らかにする

 

 

 

また来たかといふ顔をして我を見る観音堂に住みつきし猫

 

 

 

寛永寺桜に包まれし本堂を拝ろがみたるは陽春四月

 

 

 

雨にけぶる上野の森に来たり見る興福寺仏頭の神秘なる顔(興福寺仏頭展)

 

 

 

やすらけき世をこそ祈る慈悲の面興福寺仏頭に真向かひて立つ()

 

 

 

大き佛の面に真向かひ手を合はせ はるかいにしゑの日の本を偲ぶ()

 

 

 

幾度か災厄に遭ひしみ佛のみ面は静けく清らなりけり()

 

 

 

二筋の大いなる虹の架け橋が東京の空をまたぎゐるなり

 

 

 

雨あがりし東京の空を仰ぎなば大いなる虹が半輪を描く

 

 

 

東京の空に浮かびし大き虹はかなく消えて跡形もなし

 

 

 

百円玉を賽銭箱に入れし時チャリンと音することのうれしさ

 

 

 

酔っぱらひのたわ言にまともに反応する我も酔っぱらひとなりにけるかな

 

 

 

子供たちが並び歩みて登校する姿を見るが朝の楽しみ

 

 

 

大空に雲流れゐる朝なれば有為転変の世を肯はむ

 

 

 

キュウリ切る包丁はかろやかに手に動く朝に窓より風入り来る

 

 

 

やわらかきもの言ひの人の丸き顔今宵も隣でビール呑みゐる

 

 

 

二十三歳で戦さに斃れし人の文読めば涙をとどめかねつも(靖国神社社頭にて)

 

 

 

大き炎が落つるごとく眩しくも夕陽は沈む西方の空

 

 

 

幼き頃毎朝のぼりし大給坂久方ぶりに息切らしのぼる

 

 

 

清らなる気の満ち満つるみまつりの庭に座しをれば心鎮まる

 

|

« 千駄木庵日乗十月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十六日 »