« 楠公精神について | トップページ | 千駄木庵日乗七月十一日 »

2013年7月11日 (木)

日本の維新と支那の革命の違い

支那は何回変革をやってもそのたびに、元に戻ってしまう。辛亥革命・共産革命・文化大革命の後、全て権力者が国家を食い物にし、民衆は虐げられる世の中に戻ってしまう。

 

 

 

日本も、変革を行うたびに元に戻るのだが、立派な善き国になる。大化改新・明治維新は、神武建国の精神に回帰することによって現状を変革し再生し立派な國になった。

 

 

 

同じ「元」に戻るのでも、支那は「旧来の陋習」に戻るのだが、わが国は「世界の誇るべき善き伝統」に戻るである。これが支那の革命と日本に維新の違いである。

 

|

« 楠公精神について | トップページ | 千駄木庵日乗七月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57767874

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の維新と支那の革命の違い:

« 楠公精神について | トップページ | 千駄木庵日乗七月十一日 »