« オピニオン雑誌『傳統と革新』第十二号 | トップページ | 『現行占領憲法』の三原理そして「国連」 »

2013年7月19日 (金)

千駄木庵日乗七月十八日

朝、母のお世話。

午前十時より、ホテルニューオータニにて、『スポーツ平和サミット 東京大会』開催。下村博文文部科学大臣・猪瀬直樹東京都知事・竹田恒和日本オリンピック委員会委員長・半田晴久スポーツ平和サミット実行委員長が、開会の挨拶。コリン・モイニハン卿、キャサリン・マーシャル氏、キャサリン・グレインジャー氏が基調講演。半田晴久氏、イベンダー・ホリフィールド氏、ミシェル・クワン氏などによる特別座談会が行われた。昼食ののち、分科会が開かれ、小生が参加した第三分科会では、デイビッド・コーエン氏、アレック・ベネット氏、ゴーイ・プンティム氏、小錦八十吉氏がスピーチ。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« オピニオン雑誌『傳統と革新』第十二号 | トップページ | 『現行占領憲法』の三原理そして「国連」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57818826

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月十八日:

« オピニオン雑誌『傳統と革新』第十二号 | トップページ | 『現行占領憲法』の三原理そして「国連」 »