« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月七日 »

2013年7月 7日 (日)

わが国は「立憲君主国」である

今度の参院選で日本共産党は「日本国憲法をすべて護る」などと言っているが大嘘である。天皇陛下がご親臨される国会の開会式に欠席する共産党は、『現行占領憲法』第七条第二項の天皇の国事行為「国会を召集すること」に真っ向から挑戦し否定する行為である。

 

共産党の志位委員長は何故か「総理大臣」とは言わずに「首相、首相」という言葉を使う。加藤常賢先生の著書『漢字の発掘』によると、「相」の字は、助ける意味の字であり、君主の仕事を助ける意であるという。「臣」の字は、貴人の前でかしこまって目を伏せる様を象り、「伏目になった召使」が原義であるという。

 

『現行占領憲法』の規定されている「総理大臣・国務大臣」は、天皇の臣下であり、天皇陛下をお助けする存在即ち輔弼の臣なのである。わが国はまさに「立憲君主国」である。

 

これを否定したのが「大臣という呼称を止めるべきだ。一体誰の臣下ですか」などと言った後藤田正晴である。

|

« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57738525

この記事へのトラックバック一覧です: わが国は「立憲君主国」である:

« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月七日 »