« 千駄木庵日乗七月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十七日 »

2013年7月17日 (水)

天皇仰慕の心とナショナリズム

「天皇に忠節を尽くす」とか「祖國に一身を捧げる」という観念は、外に向けられると憎悪と殺戮につながるという批判がある。しかし、わが國の民族主義・ナショナリズム・愛國心の根底にあるのは、天皇仰慕の心である。わが國は、天皇を中心とした神の國である。そして、日本天皇の國家統治の御精神は決して排他的ではない。憎悪でもない。君民一体・萬邦共栄・四海同胞・八紘一宇の精神である。それはわが國の歴史の寛容性・平和性・包容性を見れば明らかである。

 

 わが國のナショナリズムは、道義の鏡であらせられる天皇への仰慕の思いと一体であるから、ことばの真の意味において常に健全である。民族主義・ナショナリズムの排他性を超えるものが、わが國の神話の精神・天皇の祭祀の精神である。一切を神として拝む精神である。

 

 ナショナリズム・愛國心を怖いものするのは、神を喪失しているからである。むすびの精神を喪失しているからである。

 

「天皇中心の神の國」がわが國體である。この萬邦無比の國體を護ることが最高の道義なのである。天皇の統治したまえるわが國は、言葉の眞の意味において「平和國家」である。神武肇國の御精神・聖徳太子の十七条憲法・明治天皇御製を拝すれば、それは明らかである。また、御歴代の天皇は常に國家と國民の平安を祈られてきた。

 

しかし、そうしたわが國の伝統は、「武」「軍」「戦い」を否定しているのではない。

 

「三種の神器」は、皇霊が憑依すると信じられ、日本天皇の國家統治言い換えれば日本民族の指導精神の象徴である。天皇の日本國御統治は「三種の神器」に表象されている。「三種の神器」は皇位の「みしるし」であり、御歴代の天皇は、御即位と共にこの神器を継承されてきた。

 

 「鏡(八咫鏡・やたのかがみ)」は、「澄・祭祀・明らかなること・美意識・和御魂・太陽崇拝」の精神を表象し、「剣(草薙剣、くさなぎのつるぎ)」は、「武・軍事・たけきこと・克己心・荒御魂・鉄器文化」の精神を表象し、「玉(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)」は、「和・農業・妙なること・豊かさの精神・幸御魂・海洋文化」をそれぞれ表象している。祭祀・軍事・農業を司りたまう天皇の御権能が「三種の神器」にそれぞれ表象されているのである。また、知(鏡)・仁(玉)・勇(剣)とも解釈される。

 

 これらは別々の観念として傳えられているのではなく、三位一體の観念である。今こそ、崇高なる日本の道統に回帰するべきである。

|

« 千駄木庵日乗七月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57806505

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇仰慕の心とナショナリズム:

« 千駄木庵日乗七月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十七日 »