« 日本人にとって『神代』は遠く遥かな過去の時代ではなく『今』である | トップページ | 『現行占領憲法』最大の欠陥 »

2013年7月 9日 (火)

千駄木庵日乗七月八日

午前は、母のお世話。

午後二時より、六本木の国際文化会館にて、田久保忠衛杏林大学客員教授にインタビュー。『伝統と革新』掲載のためなり。

いったん帰宅。ものすごい雨。ゲリラ豪雨。窓から外の景色が見えない。

午後七時より、ホテルサンルート高田馬場にて、『一水会フォーラム』開催。清水信次国民生活産業・消費者団体連合会会長が「滅びゆく日本を救う道」と題して講演。質疑応答。

130708_202701

講演する清水信次氏

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

|

« 日本人にとって『神代』は遠く遥かな過去の時代ではなく『今』である | トップページ | 『現行占領憲法』最大の欠陥 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57753841

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月八日:

« 日本人にとって『神代』は遠く遥かな過去の時代ではなく『今』である | トップページ | 『現行占領憲法』最大の欠陥 »