« 千駄木庵日乗七月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十八日 »

2013年7月28日 (日)

國體と憲法

日本國は、天皇を祭り主と仰ぐ信仰共同体である。これは、わが國體である。これを否定するような如何なる法律も國家破壊の元凶としてこれを破棄しなければならない。ところが戦後日本において戦勝國によって押しつけられた「現行占領憲法」は、君主と人民とは相対立する存在であり國家とは國民同士が契約して成立するものであると考える西洋法思想・西洋國家観に貫かれており、日本國體の根幹を正しく規定していない。むしろ「現行憲法」は國體破壊もしくは隠蔽の元凶になっている。「護憲」の名のもとに数々の國體破壊もしくは隠蔽が行われている。

 

三潴信吾氏は、「法思想上には、不文憲法主義と成文憲法主義とがある。…(成文憲法主義は注)ローマ法思想の流れを汲み、君主(統治者)と人民(被統治者)との間、又は各人相互の間の不信、性悪観に基づくものである…近代のヨーロッパに於ける成文憲法の制定も、マグナ・カルタ以来の歴史が示す如く、専制君主と人民との間の不信感に発した、人権保障の約束証文に由来するものであって、これは権力國家観への移行の段階に於いて現はれたものである」「憲法の基盤となる立國法とは、國体法とも称されるが、不文憲法として、成文憲法のある場合にも、必ずその基礎を成すものである。…立國法はその國の立國と同時に、その成立事實と不可分に存立するものであって、立國の精神的または道徳的理想を根幹として、その國の最も基本的な伝統的秩序を樹立するものである」「憲法はその國の統治権力作用の拠って立つべき立國の理想目的に抵触したりそれを支へる人類普遍の原理を侵すことはできない」(「日本憲法要論」)と論じておられる。

 

 わが日本は國家の本質と君主たる天皇の御本質が建國以来、信仰的に厳然と確立している。これを法律的に言えば、不文法によって定まっているということであろう。故に成文憲法でそれを変革することはできないし、成文憲法は不文憲法(立國の基本)に反する規定をしてはならない。西洋から輸入した近代法思想に基づく成文憲法によってこの立國の基本を覆したり破壊してはならない。

 

 つまり天皇及び皇室そしてそれを中心とする日本國体は憲法などの世俗的な法律を超越しており、憲法などの法律は、皇室にかかわることに干渉することはできない。

 

 日本國は信仰共同体であり國民が契約を結んで人工的に作った國ではない。そして祭祀主である天皇は國民と対立してこれを力によって支配する御存在ではない。こうした日本の基本的國柄は成文憲法が制定される以前即ち明治初期以前から確立している。西洋の契約思想や人間不信を基盤とした成文法に神話の時代に発生し悠久の歴史を有する日本國体を規定すること自体不自然なことなのかも知れない。

 

 西洋の國々の君主は人民を征服し武力と権力によってこれを支配服従せしめていた存在であった。そして君主と人民は相対立存在であった。だから、主権が君主にあるとか人民にあるとかという君主と人民の対立概念が出て来るのである。こういう日本に全くなじまない西洋概念で日本國體を規定すること自体無理なのである。

 

 近代日本に於ける成文憲法たる「大日本帝國憲法」の制定においてはこのことを考慮し、第一条から第三条において立國の基本(即ち不文法に定められた日本國体の基本・天皇中心の信仰共同体日本の本姿)を明らかに規定した。

 

 しかし、日本天皇が日本國の君主・統治者であらせられるのは、日本の伝統信仰・歴史的な國體観念に基づくのであって、憲法に規定されているから天皇が君主であらせられるのではない。

 

「現行占領憲法」は、日本國の基本的性格と全く異なる理念で作られている憲法であり、日本の國体・文化・伝統を全く否定しあるいは無視している憲法である以上それは当然である。

 

 今日において成文憲法を無くすことが不可能であるならば、一日も早く「現行占領憲法」の無効を確認し日本國體に則った正しき憲法に回帰すべきである。

|

« 千駄木庵日乗七月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57876561

この記事へのトラックバック一覧です: 國體と憲法:

« 千駄木庵日乗七月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十八日 »