« 『若梅に撫子―旧高松宮家と伝来の品々』展拝観・皇居東御苑散策 | トップページ | 言霊信仰と現代 »

2013年5月 1日 (水)

千駄木庵日乗四月三十日

午前は、母のお世話。

昼は、知人と意見交換。

午後からは、季刊『大吼』原稿執筆、脱稿、送付。書状執筆など。総理・防衛大臣そして都知事が外国を飛び回らないと、日本の立場を保つことができないというのは何となく情けないが、外交とはそういうものなのであろう。都知事の発言は間違ったことは言っていないと思うが、評論家時代とは違うということなのであろう。猪瀬氏は最近「言葉」に関する著書を出したばかりと思うが、その「言葉」の問題で、謝罪しなければならなくなってしまったのは何とも皮肉である。

|

« 『若梅に撫子―旧高松宮家と伝来の品々』展拝観・皇居東御苑散策 | トップページ | 言霊信仰と現代 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57283476

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月三十日:

« 『若梅に撫子―旧高松宮家と伝来の品々』展拝観・皇居東御苑散策 | トップページ | 言霊信仰と現代 »