« 「第三十二回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ | トップページ | 天皇の国家統治について »

2013年5月16日 (木)

千駄木庵日乗五月十五日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。

午後三時より、芝の駐健保会館にて。『大行社幹部会』開催。顧問の一人としてスピーチ。「村山談話」の不当性について話しました。

午後六時より、西新宿の東京都庁舎・都民広場にて、『東京大薪能』(世界藝術文化振興協会主催)開催。半田晴久氏が「入門能楽鑑賞講座」と題して講演。能『井筒』(金剛永謹)、狂言『茶壺』(三宅右近)、能『土蜘蛛(豊島幸洋)を鑑賞。高層ビルのすく下で能が演じられるのもなかなか面白いものです。伝統芸術が現代文明に溶け込んでいるという思いがしました。

帰途、赤坂にて知人夫妻と懇談。

|

« 「第三十二回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ | トップページ | 天皇の国家統治について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57392991

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十五日:

« 「第三十二回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ | トップページ | 天皇の国家統治について »