« 国難打開と維新 | トップページ | 「同文同種」という虚構に迷わされて中華帝國主義政権と屈辱外交を行うべきではない »

2013年4月 9日 (火)

千駄木庵日乗四月八日

午前は、母のお世話。

午後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

夕刻、谷中の歯科医院に赴き治療を受ける。若き女性歯科医が三人もいる。治療中もあまり痛みを感じない。

日暮里駅前の蕎麦屋さんで知人と懇談。ここの蕎麦は美味しいのだが、今日は格別うまかった。店の人曰く「春だからです」とのこと。

帰宅後も、原稿執筆。

|

« 国難打開と維新 | トップページ | 「同文同種」という虚構に迷わされて中華帝國主義政権と屈辱外交を行うべきではない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57135192

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月八日:

« 国難打開と維新 | トップページ | 「同文同種」という虚構に迷わされて中華帝國主義政権と屈辱外交を行うべきではない »