« 中華帝国主義の支那こそ二十一世紀の最大の脅威である | トップページ | 『國體政治研究会』における梅澤昇平氏の講演内容 »

2013年4月 7日 (日)

千駄木庵日乗四月六日

朝、デイサービスに赴く母を見送る。

午前は、原稿執筆の準備など。

午後二時より、内幸町の日本プレスセンターにて、『アジア問題懇話会』開催。神田外語大学教授の興梠一郎氏が「習・李体制で中国はどうなる」と題して講演。質疑応答。非常に興味深い内容であった。後日報告します。奥野誠亮・小田村四郎・田久保忠衛の各氏にお会いした。

帰宅後は、原稿執筆の準備など。

|

« 中華帝国主義の支那こそ二十一世紀の最大の脅威である | トップページ | 『國體政治研究会』における梅澤昇平氏の講演内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57120737

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月六日:

« 中華帝国主義の支那こそ二十一世紀の最大の脅威である | トップページ | 『國體政治研究会』における梅澤昇平氏の講演内容 »