« わが國の近代は、ペリーの武力的恫喝によって始まった | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十四日 »

2013年4月24日 (水)

「オピニオン雑誌『傳統と革新』第十一号」のお知らせ

オピニオン雑誌『傳統と革新』第十一号

(四宮正貴責任編集) たちばな出版発行

特集 愛國心・ナショナリズムは危険か?
...
巻頭言 日本民族主義の特質と現代の危機突破 四宮正貴
インタビュー
欧米に追随せず、日本人として、堂々とすべきところは堂々と! 小池百合子    
「維新」とは、日本本来の姿を自覚し、國家の存続に命を懸けるということ 西村眞悟
「占領憲法」は真の「憲法」ではない 小田村四郎 
論文
「愛國心・ナショナリズムよりもずっと危険な思想について考える」 佐藤優
ヴェトナムに見る「愛國」の相貌 井川一久
基本となるのは日本の精神気流復古 葦津泰國
鎮守の森と愛國心-----里山を懐かしく思う日本人の心情について 戸矢 學
憂國の血潮――文化とナショナリズム 富岡幸一郎 
尊攘思想と中華思想―今や不可避の日中「愛國心」対決 永山英樹  
國體観なき愛國心――先人に學ぶべきこと 坪内隆彦
独立日本形成へのナショナリズムの効能 木村三浩

連載
我が體験的維新運動史 第十一回 「民族派學生運動」「新右翼」から「真右翼」への変遷 
犬塚博英
『やまと歌の心』西行 千駄木庵主人 
石垣島便り⑤ 中尾秀一  
編集後記
〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル
      代表03―5941―2341 FAX5941―2348
 版型 A5判並製 一五〇頁 定価 一〇五〇円 全國大型書店にて発売中
オピニオン雑誌『傳統と革新』第十一号

(四宮正貴責任編集) たちばな出版発行

特集 愛國心・ナショナリズムは危険か?

巻頭言 日本民族主義の特質と現代の危機突破 四宮正貴
インタビュー
欧米に追随せず、日本人として、堂々とすべきところは堂々と! 小池百合子    
「維新」とは、日本本来の姿を自覚し、國家の存続に命を懸けるということ 西村眞悟
「占領憲法」は真の「憲法」ではない 小田村四郎 
論文
「愛國心・ナショナリズムよりもずっと危険な思想について考える」 佐藤優
ヴェトナムに見る「愛國」の相貌 井川一久
基本となるのは日本の精神気流復古 葦津泰國
鎮守の森と愛國心-----里山を懐かしく思う日本人の心情について 戸矢 學
憂國の血潮――文化とナショナリズム 富岡幸一郎 
尊攘思想と中華思想―今や不可避の日中「愛國心」対決 永山英樹  
國體観なき愛國心――先人に學ぶべきこと 坪内隆彦
独立日本形成へのナショナリズムの効能 木村三浩

連載
我が體験的維新運動史 第十一回 「民族派學生運動」「新右翼」から「真右翼」への変遷 
犬塚博英
『やまと歌の心』西行 千駄木庵主人 
石垣島便り⑤ 中尾秀一  
編集後記
〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル
      代表03―5941―2341 FAX5941―2348
 版型 A5判並製 一五〇頁 定価 一〇五〇円 全國大型書店にて四月初旬発売

|

« わが國の近代は、ペリーの武力的恫喝によって始まった | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57238451

この記事へのトラックバック一覧です: 「オピニオン雑誌『傳統と革新』第十一号」のお知らせ:

« わが國の近代は、ペリーの武力的恫喝によって始まった | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十四日 »